菅田将暉 GReeeeN名曲「道」熱唱!グリーンボーイズ時代から「キセキ」誕生秘話を映画化!



俳優の菅田将暉と松坂桃李が主演を務め、GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡を描いた映画「キセキーあの日のソビトー」(2017年新春全国公開)の新キャストが15日、分かった。GReeeeNのリーダー・ヒデを菅田が、その兄にしてGReeeeNのプロデューサー・JINを松坂が演じることは既に発表されていたが、この度、ナビ役に横浜流星、クニ役に成田凌、ソウ役に杉野遥亮と、GReeeeNを演じるすべてのメンバーが明らかになり、4人が歌唱している場面写真も初めて公開された。




初めて買ったCDが、GReeeeNのアルバムだったという横浜は、「大好きなGReeeeNさんのメンバーとして出演させて頂けて凄く嬉しいです」と歓喜。素顔を公開していないGReeeeNを演じることにプレッシャー・責任を感じているようだが、楽しく撮影出来たといい「ぜひGReeeeNさんのファンはもちろん、沢山の方に観て頂けると嬉しいです」とアピールした。

クニ役の成田も、「僕ら4人はいい雰囲気で、控え室でも菅田さんを中心に楽しくやらせてもらいました」と撮影中の充実感を明かし、「4人で会う機会が何度もあったり、歌練習の合間にカラオケに行けたり、そういう空気を監督自らが作ってくれて、本当に助けになりました」と回顧。「僕らの歌の完成版を初めて聴いた時、泣くぐらい鳥肌が立って、歌が好きになりました。この4人の空気感が皆さんに伝わると良いなと思います」と思いを馳せた。

そして杉野は、今作が映画初出演だが、「監督からソウのキャラクター作りの際に、僕からインスピレーションを受けたとおっしゃっていて、そういった意味では気負わずに自然体で演じていくことができました」とリラックスできていたよう。アドリブの多さに苦労することがあったと振り返るも、「毎日がすごく充実して楽しくて、一番最初に経験できたのがこの作品で本当に良かったと思います」と満足気に語った。・・・続きはこちら⇒菅田将暉 GReeeeN名曲「道」熱唱!グリーンボーイズ時代から「キセキ」誕生秘話を映画化!